イリア新聞

心理

2016.06.17

罪悪感と自立

アメブロの方でリブログした記事があります。

その時期にかかれていたこと、

今朝、ぼーっとしながら歩いている時に思っていたこと、

ここに共通していたのは「家族愛」です。

 

愛なのに?

愛ゆえに?

罪悪感…、

常に罰を受けている想い、

自分は罪人であるという想い、

罪と罰

 

私が思っていたのは、

誰かの人生の一部を背負わなくて良いという事です。 

自分の肩が常に上がっているなぁーとふと思ったことがきっかけです。

何から身を守っているの!?

それとも何かが乗っているから!?

 

親から寄せられた期待、

友人から相談を受けた問題、

上司、

部下、

仲間、

名前も知らない人、

私たちを取り巻く人たちは相手に期待を寄せますね。

その期待に必要以上に応えなくて良いんです。

必要だとしても答えたくないなら、

答えなくていいのです。

相手の気持ちにこたえすぎると、

自立できない原因の1つになる方もいます。

子供でいた方が親も子も関係を継続できますからね。

親離れできない、

子離れできないというやつです。

これは恋愛にも繋がってきますので要注意ですよ!!

父親の代わりを求め、

母親の代わりを求め、

いつも自分の恋愛は失敗ばかり…という結果に。

自立できなくて当然ですね。

そこにメリットがあるからなんですけど、

それはまた別の機会に。

 

 

ここまで書いて、

自分の仕事どうしようかな…なんて急に湧き上がってきました。

奥の方から出てきたのは、

もっと欲張って良い!!

自分にはどうせ無理だし、

そう思い諦めている事が多かったように感じます。

いつの間にか欲張る事ができなくなっていました。

思っているより過小評価を自分にしてしまうという結果に。

自分が自分を侮っていたら、

変わりようもないです(^^)

リブログした記事とは逆パターンな私でした。

 

他者の期待にこたえないことに罪悪感をずっとかんじている…、

そんなことよりも、

自分を侮る事の方がよっぽど罪ですね。

 

カレンダー

«5月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

ブログ内検索

海のうた

サイト内検索

Copyright (C) uminouta.cloud-line.com All Rights Reserved.
#占い